リスクが少ないマンション経営は利回りが良い

リサーチで優位に立つ

つみき

低金利の時代は不動産投資などが有利になります。なるべく低い金利で融資を受けて、安定したキャッシュフローを得ることで、効果的な資産形成を実現できます。融資が受けやすい状況を上手く活用して、投資用マンションを購入している人は増えています。投資用マンションを購入する時は、家賃などのキャッシュフローとランニングコストの把握が大切です。区分マンションであれば、管理費や積立費があります。地方の高積算物件は固定資産税を重視して考える必要があります。RC造りの投資マンションは、エレベーターに関するコストの把握が重要です。エレベーターの電気代と保守点検費用の把握によって、より正確なランニングコストがわかります。

投資用マンションを購入する際には、投資戦略を上手く立てる必要があります。近隣市場のリサーチをする時は、投資家の数の把握が大切です。都市部の主要駅の近くはライバル物件が多い特徴があります。主要駅から2駅くらい離れますと、地元の農家さんなどが物件を所有していることも多いです。場所によって競争率が異なることを意識して、投資用マンションを購入することが重要です。競争率のあまり高くない場所で効果的なリフォームをすることで、入居率を安定化させることもできます。不動産投資をする時は、確率的思考をすることが大切です。同じ市内であっても、マーケットは大きく変わることがあります。細かい分析を的確に行うことで、投資用マンションで大きな成功を収めることができます。