リスクが少ないマンション経営は利回りが良い

家賃収入は賃貸の魅力

レディ

相続不動産でも賃貸は可能

積極的に不動産投資を行う方だけでなく、既に自宅を持っている状態で実家の土地や家屋を相続した方でも、賃貸経営を検討してみる価値があります。利用することのない持ち家を賃貸にしますと、家賃を得られることが一番のメリットです。見込める家賃収入は、エリアごとの家賃相場や築年数などでも左右されますが、平均的には年間で150万円前後の収益が得られるという統計も出ています。また、もしも土地が広い場合にはアパートなどへ建て替えて、本格的に賃貸経営へ乗り出すというのも上策です。建築費用は家賃を充当する形でローンが組めるため、自己負担も少なくて済むでしょう。そして新築物件なら家賃相場も高くなりますから、より魅力的な家賃収入が望めます。

空室対策と家賃の関係

賃貸経営では空室を減らすことが何よりも大切とされますが、これにも家賃相場が大きく関わってきます。新築時は高い金額を維持できた場合でも、築年数が経過するごとに建物は古くなりますから、当初の家賃を維持した場合、入居希望者も自然と減少するのが一般的です。ですから建物の価値や魅力が低下した場合は、近隣の家賃相場に照らし合わせて、常に家賃を見直す必要があります。、築年数とは別に、時代が求めるニーズと合致しない物件では、家賃を低く抑えなければ入居者が集まらないケースも少なくありません。従いまして、少しでも家賃を高価格帯でキープするためにも、入居者が求めるニーズやトレンドを定期的にチェックして、所有物件に反映させておきたいところです。