リスクが少ないマンション経営は利回りが良い

会社が家賃を保証するから

ウーマン

保証人に代わるシステムは

連帯保証人と言う制度は昔から日本で採用されている家賃保証システムのひとつですが、連帯保証人も万能なものではありません。連帯保証人になっているからと言って、滞納者の家賃をすぐに全額支払えるのかと言えばそうではないケースが多くなっています。連帯保証人はあくまでも個人であり、一般的な収入の人物が大半だからです。またできる限り本人に督促を重ねた上で、連帯保証人に連絡を取る必要があります。最近では連帯保証人代わりに家賃保証を行う会社が増えており、オーナーにとっては煩わしい督促の手間が省ける上に滞納分の家賃を立て替えてもらえるため人気が集まっています。まず連帯保証人がいない人にとって、この家賃保証会社は必須となっています。

問題解決をスムーズに

民間の賃貸物件では、一般的に家賃保証をつけなければなりません。この家賃保証は連帯保証人や、家賃保証会社のことです。もちろんオーナーが了承するなら保証なしでも入居はできますが、基本的に身内などの例外を除いて保証人は必須と思っておきましょう。トラブルの時や本人に連絡が取れない時などに、保証をしてくれる人は重要になってくるからです。とは言え身寄りがない人などは、気軽に保証人を頼める人もいなくなります。家賃保証会社では不動産経営をやりやすくするために、保証人の代わりを務めてくれます。保証会社には家賃回収に関わることを任せられるので、トラブルの場合にも貸主に問題が起こらないようにすることができるのです。